おしらせ


2019.9.3

絵本「はらぺこイワンおおあばれ」

制作進行中

 5月よりはじめた絵本「はらぺこイワンおおあばれ」の原画制作。本編ページの制作も無事完了し、残すはおまけページだけとなってきました。完成済みの絵を印刷所に入稿して試し刷りもしてみましたが、印刷の具合もわるくなく、製本が楽しみです☆

 7月、8月は職場の学童クラブも夏休み期間で大忙しでしたが、なんとか制作も進み、ひと段落。学童の子たちも絵本の完成を楽しみにしてくれていて、残りの仕上げも気合いを入れてがんばります!


2019.8.3

速報「漂流船の罠」販売開始! 

 おばけの森小説雨夜のメランコリー」に引き続き、おばけの森小説「漂流船の罠」を販売開始しました! オンデマンド販売による完全受注生産品となります☆

 製本代、送料等、少しばかり値が張りますが、小学生低学年の子でも楽しんでもらえている長編小説となっております。この機会に、ぜひ♪

 

 おばけの森絵本版「はらぺこイワンおおあばれ」の制作も進んでいます。7月中には、見開き6枚分ほどの絵の彩色作業も、なんとか済ませられました。

 夏休み期間の学童保育の仕事に精を出しながらも、絵本制作、どんどん進められるよう、がんばっていきます☆


2019.7.3

おばけの森絵本版

「はらぺこイワンおおあばれ」

制作進行中! 

 先月に引き続き、おばけの森絵本版「はらぺこイワンおおあばれ」の制作を進めています。線画の用意もひと通りでき、いよいよ7月からは彩色・仕上げ作業へと入ります。

 実は、形や線を整えなければならない分、線画を用意する作業が一番神経を使って大変なのですが、しんどい思いをしてきただけあって、線画の出来栄えはまずまず。彩色が楽しみです♪

 


2019.6.3

おばけの森絵本版

「はらぺこイワンおおあばれ」

制作開始! 

 5月の大型連休より、おばけの森絵本版「はらぺこイワンおおあばれ」の制作を開始しました。現在は本編ページの線描きまで終わったところです。

 やはり気合を入れた絵本版だけに、線画を用意するだけでもなかなかな時間がかかりますが、この調子でおまけページまで手を抜くことなく進めていけたらと思います。

 


2019.3.3

おばけの森の魔女っ子サーシャ「雨夜のメランコリー」

速報「雨夜のメランコリー」販売開始! 

 大変ながらくお待たせしました。いよいよ、おばけの森小説版「雨夜のメランコリー」を販売開始しました。オンデマンド販売による完全受注生産品となります☆

 個人出版ながら、書店で流通している児童書では味わえないような、気品ある格調高い本となっております。全編フリガナ付きの安心設計です。心地よい感動をあなたのもとに!

 なお、製本へ向けて現在制作中の小説第二弾「漂流船の罠」も、着々と完成へと近づいています。5~6月の販売を目指してがんばります!

さらには、おばけの森絵本版「はらぺこイワンおおあばれ」の制作も決定しました。年内の製本化を目指して、精進いたします。これら3冊の本を元に、いずれは出版業界への進出も!?

 


2019.2.3

速報「雨夜のメランコリー」販売準備中!

 当ホームページで連載しました長編小説「雨夜のメランコリー」の製本をしました☆ もちろん今回は、全漢字にフリガナ付きです。現在、印刷の調整中ですが、来月あたりには販売も開始できる予定です。出版はいまだ未定ながら、作品としては、まず形になりました。よろしくお願いします!

 さて、一方で二作目の長編小説である「漂流船の罠」も、挿絵の制作を着々と進めております。こちらも近日中に販売開始する予定です。お楽しみに☆ ……ここまで形にしてゆけば、出版もさすがに近くなってきたんじゃないかと、思いたい……

 


2019.1.1

 

あけましておめでとうございます

2019年最初の更新は、小説「漂流船の罠」いよいよ感動の完結編のお届けです!!!

思えば、この小説の構想を思いついたのも10年以上前。構想10年の大作。終盤の場面で、最強最悪の敵、ゴーレムが再び動き出したときには、不覚にも、執筆をしながら感動の涙を流してしまいました。どういうことかは、ぜひ、その目でお確かめください☆

 

さてさて一方で、先日、講談社青い鳥文庫小説賞に出品しました「雨夜のメランコリー」ですが、残念ながら落選となりました。まぁ、講談社の求めるようなライトノベルではないことは、重々承知していたので、さっそく現在は、こちらの小説の、印刷所を通した本格的な製本化に向けて編集作業に取りかかっている真っ最中です。ワクワク!

 

2019年は、以前の年にも増して、躍進のできる年になりそうな予感です。

みなさまも、どうか、充実した一年になりますように☆